« 神出鬼没… | Main | 五十万人集結 »

August 02, 2005

苗場の夏

取り敢えず、がーっと書いておきます。
夏in苗場

7/28

会社を抜け出したのが21:30
わけわかんねーよ。なんで終わらないかねーと自分の効率の悪さに死。
蒲田で待っていたつよしRと合流。
22:00には蒲田を出発。神!!この時26才でした。

蒲田から銀座まで迷いに迷い到着。
田舎ものは東京を抜け出せない。
練馬あたりから流れに乗り、東京脱出。

初日は体力温存&回復のため群馬の健康ランドで一泊。
情報提供のOか選手に敬礼。
平日の健康ランドの混雑ぶりにびびる。
さすが群馬。ヤンクミの街群馬。

7/29

6:30に旅立つ。
思った以上に健康ランドの仙豆効果は大きく、元気があれば何でも出来る状態。
群馬から苗場までは、混雑もなく到着。
まずはホテルへ。

ホテルは山の上。
店主は上裸で出てきた。
ワイルドさにひよる。

荷物を置き、出発。
駐車券をゲットしていなかった僕等は駅まで車、そこからシャトルバスを選択。
これが、最大のあやまち。
バスの待ち時間1時間半。
ここで体力ゲージが半分なくなる。
バスに揺られて40分。ようやく聖地へ。

聖地では、まずリストバンド交換を行う。
Tシャツ売り場にはアホのように人がいる。
アホはほっとけ、とばかりにTシャツ売り場をスルー。
会場入り。

まず、グリーンステージの近くにシートをひこうと、後ろの芝生エリアへ。
ここで、あえきと遭遇。まさに未知との遭遇。
取り敢えず、泣いといた。

ちなみに、今年からテントは禁止で、炎天下死人続出では?と心配。
この2時間後豪雨になろうとは、まったく思っていなかった青春の頃。

グリーンステージではMASTER ROWがやってた。
興味がなさ杉で、場所移動。
アーティストグッズ売り場も人いっぱい。
バカはほっとけってことで、ここもスルー。

ホワイト・ヘブン・オレンジ・Gypsy Avalonを散策。
ちょっと浮かれモードになる。
グリーンに戻る。

RED MARQEEまで足をのばすとアナログフィッシュがやってた。
やぎちゃんを思い出した。
有名な曲。シングル?スペースシャワーでパワープッシュになったやつを
やってた。そこそこで退散。

さて、本気で見たのはここから。まず。

シンプル・プラン

笑った奴。あいつ等は良いぞ。
取り敢えずモッシュピットで臨戦態勢。

2ndの1曲目からスタート。
はい。きたよってことで、盛り上がり。
結構フェスわかった動きで名曲連発。

基本全部はしゃぎ曲で終了。
体力ゲージ0にて。お亡くなり。
芝生で休む。休む間もなく。豪雨。

非難。BANDA BASSOTTIって謎の奴等を遠くから眺める。
雨が小降り、ほとんどやんだところでご飯。
ご飯が進む君。ビールも進む君。

つぎ、オレンジコートにてリサローブ
リサさんの名曲stayで爆死。名曲過ぎる。
リサさんはメガネでいけてました。お歌が上手。

グリーンに帰還するとTHE HIGH-LOWSがまだやってた。
青春からのハスキーボーイの流れでこれまた死。
人目もはばからず全力で歌いあげる。

で、MUSIC始まり。
僕はVoの声が苦手で今までほとんど聞いてなかったのですが
今回行く前に予習して行きました。
えらいオレ!えろいオレ!

予習して行ったかいあって、知ってる曲が結構やられてました。
酒飲んで聞くんだったーと後悔。

Coldplay
これは、文句なしで美しいです。
名曲In My Placeで死。
Clocksもやってが気がします。

随所で次のバンドFoo Fightersのモノマネやってました。
もっとクールな奴等かと思ってたらかなり明るい奴等でした。
好感触。

この日のトリFoo Fighters
もちろんモッシュピットへ。
同行のつよしR君は大好きなので、強制モッシュピットでした。

まず、1曲目。ニューアルバムの1曲目でまあ、予想通り。
2曲目で死。何だっけこの曲のタイトル。
あえき情報求む。
取りあえず、モッシュ。

とにかく名曲オンパレードで、モッシュピットに居る人達も心なしか
聞き入ってる感じ。
つうか、デイヴは日本人だな。
わかっとるよ。
ラストはモンキーレンチ。すごすぎる。

帰りバス待ちが怖く、ダッシュで退散。

7/30

この日は昨日の過ちを反省し、有料バスで向かう。
さすが、サヨナラバス。

到着したらSHERBETSがやってた。
つよしRいわく

あいつはユダじゃないのか?

僕は

いや、ブランキーじゃねー?

どっちも不正解です。
というわけで、見るわけもなくスルー。

オレンジコートまで移動しながら、見たり食べたり。
雨がまたもや降ってくる。しかも豪雨。
で、オレンジで100s

これは良かった。
初めて見たんだけど、中村さんテンション高いね。
新世界やってくれて非常にうれしかったです。
もちろんキャンボールは大合唱。

雨の中移動して良かったです。

帰り道HAWAIIAN6やってるの見て
時代は終わったわ。テンション高すぎこいつ等。
と思った瞬間プライスレス。

レッド~で飯食ってたらあえきと合流。
で、PEALOUT

今日が解散LIVEってことで前の方へ移動。
PAチェックで本人登場で、名曲いきなり披露。
It,s the end ofなんとかって曲。

本編開始。途中で気付いたんですが、前の方には熱狂的ファン
しかおらず、最後の辺は泣いてるんですよ。
こりゃ場違いだわ・・・と思いつつ、爆裂世界で爆死。

コンドウは相変わらず外タレ顔負けのセリフはいてた。
グリーンへ戻り眠る。もちろん雨の中。

また、腹へって、レッド~へ戻る。
クラムボンがやってた。
最後3曲くらいしか聴いてないのですが、こいつら美しいな。

事実上、今回一番感動したかもしれない曲。この人たちのサラウンドでした。
見てて思わず

美しい・・・

と独り言言ってしまいましたもん。
ちなみにあの女の人はかわいくないですよ。
歌ですよ。3ピースでよくやるわーと関心。

Asian Dub FoundationBeckを軽くみて
Dinosaur Jr.へ移動。
これがしまったちゃんでした。
曲わかんないんです。予習なしで行ったんで。
J(ルナシーじゃないよ)の曲なら数曲わかるんですがね・・・
不完全燃焼。

戻ったらFatboy Slimがスポルトの曲やってて良かった。
癒されて、帰りのバスへ。
Tシャツ売り場がすいてたので、Tシャツ購入。
ほとんど売り切れて、良いやつ買えなかったけど。。

7/31

これでフジは終了。
群馬でOかをひろい、ステーキをおごってもらう。
Oかさんにおごってもらう。
Oかさんにおごってもらう。

3回は書いておかないと、怒られるわ。
そのまま千葉へ連行。
僕は途中下車。
帰りも行きも車の中はラルクがかかってました。
エンドレスで。

そんなこんなで、総評ですが天気が悪かったのが残念です。
が、悪くてもなんとかなるってことがわかりました。
サマソニとかで天気悪いと終わってしまいますが、フジはなんとか
なるね。自然はすげーなーと思いました。

あと、単純に音楽を聞きたい人は、サマソニ行った方が良いと思います。
フジはその他の部分が大きいです。芝生の上でビールとか、自然の美しさとか。
星のきれいさとか。空気の透明度とか。人の優しさとか。肉の美味さとか。

ある意味宗教っぽいんですよ。なんか心が表れるみたいな。けど、フジが好きな
人の気持ちはわかります。こんだけチケット高くてもみんなくるもんね。
来年も視野に入れます。でもこれでもっとライジングサンに行きたくなりました。
自然美ならライジングサンの方がすごいと思うから。

まあ、金ためろってことだ。
そして、次はサマソニか。
夏は最高だな。楽しみしぎる。

|

« 神出鬼没… | Main | 五十万人集結 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6419/5272901

Listed below are links to weblogs that reference 苗場の夏:

« 神出鬼没… | Main | 五十万人集結 »