« 少年時代 | Main | ロッチキター!!!!!!! »

October 16, 2005

幕張の防波堤

<プレーオフ第2S:ソフトバンク5-4ロッテ>◇第3戦◇15日◇福岡ドーム

「野球は2アウトから」なんて言葉があるが、この試合はその通りの結果となった。
4-0でむかえた9回。当然ながら、ロッチのマウンドには「幕張の防波堤」がマウンドに上がる。
セーブポイントが付かない場面だったが、優勝を決める試合。
監督は「守護神」をマウンドに送るのは当然の策である。

「幕張の防波堤」はプレーオフ4戦連続セーブ中。不安要素はなかった。
シーズン中の結果から見ても4点差は、ロッチ31年ぶりの優勝は決まったも同然の”はず”だった。

しかしながら、状況は思わぬ方向へ向かって行く。
先頭カブレラが出塁すると、あっという間に3点を返す。4-3。
9回2アウト。ランナー2塁3塁。バッター松中。
松中は昨年三冠王。今年も二冠と、日本最強のスラッガーである。

ちなみに若禿げだ。。。

シーズン中なら、当然敬遠なのだが、松中はプレーオフ未だノーヒット。
5番ズレータとは満塁で勝負することになる。
1点なら同点。2点ならサヨナラ。
ロッチはそれでも敬遠を選んだ。

結果、ズレータは押し出しのフォアボールで4-4。9回は同点止まりだったが
10回にサヨナラ。明らかに9回の流れが生きた形だ。

どちらが優勝するにしても、この試合がキーになることは間違いない。
ただ、僕が監督であっても松中は敬遠だった。短期決戦で主砲に打たれることほど
痛いことはないからだ。ジャイアンツ愛原監督1年目の日本シリーズ(西武-読売)
松坂が清原に打たれ4-0でジャイアンツが優勝した年だ。この時も怪我⇒復活の
主砲に打たれてゲームが決まってしまった。

主砲はチームの勢いを作る。
このプレーオフまだ主砲に打たれていない。悪い流れで試合を落としはしたものの
最悪ではない。今日決まるか、明日決まるかはまだわからないが、この采配が吉
となることを祈る。

個人的には今日負けて、明日ジョニー登板で泣きと期待してるんだがね・・・
なんか、まじめに書こうと思ったんですが、めんどくさくなったのでやめます・・・


|

« 少年時代 | Main | ロッチキター!!!!!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6419/6423752

Listed below are links to weblogs that reference 幕張の防波堤:

« 少年時代 | Main | ロッチキター!!!!!!! »