« January 2006 | Main | September 2006 »

February 23, 2006

チャンピョンズリーグ

オリンピック中で申し訳ないのですが、おそらくイタリアはこっちの方が
盛り上がってるはずです。良カード多過ぎ・・・

アーセナルがレアルに勝利

アンリーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

と言うわけで、ドリブルで4人をかわしゴールでした。
常に凄いアンリ。

レアルは途中交代で

ロビーニョ⇒ラウール

が出てくる選手層・・・なんだかなー。

バイエルン-ミランも凄かった。

バラックのミドル。アウトサイドでカーブをかけてサイドネットへ・・・
ジダもとれないわね。。
ミランはシェフチェンコ-カカ-ジラルディーノのトライアングルがステキ。


今日の朝方にチェルシー-バルセロナがやるみたいです。
つーか、この組み合わせ決勝だろ。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 19, 2006

ARABAKI ROCK FES 06

ARABAKI ROCK FES 06

GWはこれに行きたいなぁ。
仙台なら、まあ行けるだろ。

出演アーティスト

忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
UA
ELLEGARDEN
ohana
KOOLOGI
GRAPEVINE
KEMURI
サンボマスター
THEATRE BROOK & 荒吐SUPER SESSION
スガシカオ
曽我部恵一
椿屋四重奏
10-FEET
TRICERATOPS
THE BACK HORN
Theピーズ
the pillows
髭[HIGE]
風味堂
マキシマムザホルモン
宮沢和史
MONGOL800
RIZE
※五十音順・出演日未定


| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 12, 2006

サッカーとかオリンピックとか

今週末はいろいろありましたね。

まずは、サッカー

・ドノバンはウイイレで相当強いんですが、本物もちゃんと強かったです。
・ベンチ解説がゾノでした。いじめかっこ悪い。
・テレ東のアナウンサーが決まってないシュートを「決まってしまった・・」
 と誤解説してしまい、恐縮して訂正してました。
・アメリカに日本人居過ぎ。

試合の中身はいろんなところで、いろいろ言われてますので、書きません。

次、オリンピック

・ウエムラさん美しい。
・長野オリンピックの名言「たえ!たえやったよー!」をもう一度聞きたかった。
・ジャンプ飛べなかったらクロスカントリー棄権はどうかと思う。
・兄貴はラップ歌わないのか?
・板の長さは想定内か?

明日からもまだまだ楽しめそうです。
夜起きてまで見ようとは思わないですが・・・

禁煙やめようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オリバー・ツイスト

オリバー・ツイスト

お杉です!中身です!

19世紀の英国。救貧院に連れて来られた、オリバー・ツイストは、粗末な食事に腹をすかせた孤児を代表してお粥のおかわりを要求し、追放処分になる。一旦は葬儀屋に奉公するが、不当な仕打ちに耐え切れず逃げ出してしまう。行く当てもない天涯孤独な身の上では、目の前に延びる街道を遥かロンドンまで、目指すしかなかった。7日間歩き通して、大都会に辿り着いたオリバーは、スリの少年に拾われ、食事と寝床にありつけるからとフェイギンという男に引き合わされる。

これはですね。ニコ・ロビンfromワンピースです。

”生きていることが罪”まではいかないですが、10歳の少年に対して
非常に酷な人生がつづられています。
ただ、日本の昼ドラの方がよっぽど残酷ですし、リアリティもあるので
はっきり言って泣くことはないと思います。
(ドラマで例えるなら、南君の恋人レベルです。)

泣こうとか、感動しようとかしてる人にはあまりお勧めしません。
心のきれいな少年の話を観たい人にお勧めします。

映画の内容からはかけ離れるのですが、初めてプレミアスクリーン
体感しました。これ凄いわ。リクライニングシートが凄いの。超ゆったり。
普段は料金高いみたいですが、僕は通常料金でしたよ。

これ、カリスマの証か?
押す儀です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2006

ミュンヘン

ミュンヘン

観て来ました。
物語は・・・

1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こる。人質となった選手11名は全員死亡。これに激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は、秘密裏に暗殺チームを編成、首謀者11名の殺害を企てる。リーダーに任命されたアヴナーは、仲間4人とともに殺害を実行していくが、次第に自分たちの任務に疑問を感じ始めていく。

ってなわけです。
感想は

長い

2時間半くらいあります。
基本、事実のお話らしいですが、どこまで本当なのでしょうかね?
展開が最後のあたりでやたら激しくなるのはそのせいでしょうか??
そこまで行くまでがグダグダのような気がしました。。。

大変だったこと。

・中東の人達の顔が同じにしか見えないので、必死に覚えないといけません。
・回想シーンとか夢シーンも多いので、現実と比較しながら観ないといけないです。
・いろんな地域の歴史知識が必要です。

そこまで嫌いじゃなかったです。ちょっと血がきつかったくらいで。
歴史好きな人とか、この手のドキュメンタリー的な話が好きな人は良いかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 05, 2006

FACTORY LIVE 0204

スタジオ観覧してきました。感想をば。


■Base Ball Bear

これは、あれだ。明るいスーパーカーみたいな感じだ。
音楽は全然違うけど、若いし、ベースが女の子。
その女の子はリンダリンダリンダにベース役で出演してる罠なんだがね。
ギターがポインズンガールバンドのロン毛の方に似てた。

キャラだちしてるし、これからだなーって感じだった。

■GOING UNDER GROUND

初めて見たんだが、演奏が危うすぎる。。
音のバランスも悪かったんだが、見ててハラハラする感じだった。
人気者だと思ってたんだが、そんなに盛り上がってなかった。
ミツヤサイダーの曲やってた。

■The ピーズ

これも初めてみた。
おっさんテンション高すぎ。
明らかに酒飲んできてる。
好きな人は好きなんだろーねーって感じ。
なんか、メタルに通じる感じ。全部同じに聞こえる。

■the pillows

さわおキタ。
セットリストが・・・

ノンフィクション
ロックンロール・ジナーズ
空中レジスター
I know you
MY FOOT
サードアイ
LITTLE BUSTERS
en)RIDE ON SHOOTING STAR

だったかな。違ったらすまん。
完全にさわお人気過ぎる。
観覧希望者ほとんどこれ見にきた感じだった。

■総括

番組MCがコレクターズの加藤だったことに萌えた。
喋っても声良すぎる。そして相方のパフィー由美。
美しすぎる。即付き合える。結婚も出来る。

TMレボリューション失敗したな。

放送は地上波で2月22日の夜らしいです。
頑張って起きます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 01, 2006

Enie Meenie

最近Enie Meenieってバンドの曲を良く聞いてます。

日本のバンドですね。
WEEZERとかBEAT CRUSADERSとか好きな人は良いんじゃないですかね。

朝テンションが上がらない時とか
冬の寒さから逃げたい時とかに
なんとなく良いです。

なんとなくってとこがミソです。

シチュエーション的に凄く聞きたい瞬間があるってことです。
サイドバーの音ログに残してますんで、気になる方はどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | September 2006 »